蜂を退治しよう~種類に合わせて対策を行おう~

退治する方法

ウーマン

蜂を退治する方法は多数ありますが、危険性が伴うものもあるためできるだけ業者に依頼して退治してもらうことが大切になってきます。巣を駆除するためには、時間帯が退治の鍵となってくることもあります。というのも、蜂の行動パターンや習性には特徴があるためです。一般的に蜂は昼行性という特性を持っているため、人が活動する時間帯に合わせて駆除しようとすると危険性が高まってしまいます。このため、業者によっては夕方ごろから準備に取り掛かりハチの行動に鈍りが見られる夜間に駆除を行うことも少なくありません。ハチ退治専用の薬剤を巣に塗布することで、蜂を殲滅していきます。ただ、薬剤を塗布するためには巣に近寄らないといけないこともあるため、ジェットスプレーという特徴を持った殺虫剤を活用することも少なくありません。

ただ、殺虫剤を活用したからといってすぐに巣に近寄ってしまうと残りの蜂が巣に生息していることもあるため危険です。殺虫剤を掛けた後はしばらく放置し、巣に蜂がいないことを確認してから駆除することが大切になってきます。巣を素手で触ると危険なため、業者は防護服を着用して駆除することも少なくありません。スズメバチを駆除する際はできるだけ、蜂を刺激しないようにする必要がありますが、どうしても照明が当たると蜂を刺激してしまうこともあります。このため業者に依頼して退治することが大切になってくるのです。蜂の種類を問わずに退治してくれる業者もいるため依頼してみましょう。

Copyright © 2016 蜂を退治しよう~種類に合わせて対策を行おう~ All Rights Reserved.